三洋電機コンシューマエレクトロニクスは9月14日、赤外線やメールでの画像受信に対応したデジタルフォトフレーム「ALBO(アルボ) HNV-S70」を10月8日から発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。

ALBO HNV-S70

 画素数800×480ドットの7型ディスプレイを搭載し、画像・動画・音楽の再生ができるデジタルフォトフレーム。対応形式は静止画がJPEG、動画がMotionJPEG(AVI/MOV)、音楽がMP3。本体のカードスロットからデータを読み込めるほか、携帯電話から赤外線送信した画像を表示することもできる。

 音楽と静止画はスライドショー表示が可能なほか、一度に最大4枚の画像を同時表示できる「画面分割」、4種類のフレーム表示が可能な「コラージュ」などの機能も備える。内蔵メモリは500MBで、外部メモリはSD/SDHCカード、メモリースティックデュオ/同PROデュオ/同PRO-HGデュオ/同マイクロに対応するほか、USBメモリも利用可能。

 電源はACアダプタで、部屋の明るさに応じてディスプレイを自動でON/OFFできる「照度センサー」を搭載する。スタンドを含む本体サイズは幅210×奥行き93×高さ156mmで、重さ472g。カラーはバニラホワイト、フランボワーズピンク、エスプレッソブラウンの3色を用意する。