エグゼモードは9月9日、PCに接続すれば、撮影した映像をすぐにWeb上に公開できるポケットサイズのビデオカメラ「ServersMan Scooop by EXEMODE」を9月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は7980円前後の見込み。カラーはホワイトとブラックの2色。

ServersMan Scooop by EXEMODE

 本体に、フリービットが提供するソフトウェア「ServersMan mini ver.2.0」を搭載する。本体とPCをUSBで接続すると、同ソフトがサーバーとして起動。公開方法を設定するだけで、撮影した動画をWeb上へアップロードし、YouTubeやFlickrなどで公開できる。

 撮像素子には130万画素の1/3型CMOSセンサーを採用し、レンズは35mmフィルム換算で39.43mmの単焦点。最大4倍のデジタルズーム機能を備える。撮影できる動画は最大解像度720×480ピクセル、フレームレートは30fpsで、保存形式はAVI。

 内蔵メモリは32MBで、外部メモリとしてSD/SDHCカードに対応。購入時に2GBのSDカードが標準で付属する。電源は単4形アルカリ乾電池×3で、最長1時間23分の撮影が可能。対応OSはWindows Vista/XP。本体サイズは幅60×高さ119×奥行き24mmで、重さ85g。