パナソニックは9月2日、「マイクロフォーサーズシステム」を採用したデジタル一眼カメラの新モデルとして、さらなる小型・軽量化を図った「LUMIX DMC-GF1」を9月18日に発売すると発表した。価格はオープン。

LUMIX DMC-GF1

 ラインアップと実勢価格は、ボディと単焦点レンズ「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」とのセット「DMC-GF1Cレンズキット」と、ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」とセットの「DMC-GF1Kレンズキット」がともに9万円前後、ボディのみが7万円前後の見込み。カラーは「DMC-GF1Cレンズキット」がエスプリブラック、アーバンレッド、シェルホワイトの3色で、ボディのみと「DMC-GF1Kレンズキット」はエスプリブラック1色。

 従来の「Gシリーズ」から本体を大幅に小型・軽量化し、20-30代のファッションに敏感な女性層をメインターゲットとする。本体サイズは幅119×奥行き36.3×高さ71mm、重さ285gで、オリンパスが7月に発売した「オリンパス・ペン E-P1」と同様、コンパクトデジタルカメラに近いデザインを採用したのが特徴。「E-P1」と同じく光学ファインダーは搭載していないが、内蔵フラッシュを備えている点が異なる。

オリンパス「E-P1」(左)との比較

 西口史郎・デジタルAVCマーケティング本部長は「これまで『Gシリーズ』では、女性をメインターゲットにしてきたが、潜在的なユーザーはまだまだ多い。『GF1』は、コンパクトデジカメユーザーが求めるさらなる高画質と、一眼ユーザーが求める気軽な撮影スタイルをあわせ、おしゃれに気をつかう女性の心をつかむ『ファッションムービー一眼』といえる」と説明した。

西口史郎・デジタルAVCマーケティング本部長

 有効1210万画素の4/3型Live MOSセンサーと、画像処理エンジン「ヴィーナスエンジンHD」を採用し、高い解像度と色再現性を実現。また、色ノイズ・輝度ノイズを別々に検知し、色ノイズのみを減少させることで描写力を高めており、最大ISO3200までの高感度撮影に対応する。そのほか、4:3、16:9、3:2、1:1の画像アスペクト比変更にも対応した。記録メディアはSD/SDHCカード。

「E-P1」と異なり本体にフラッシュを内蔵する

 カメラが自動で露出・ピント調節を行う「おまかせiA」を強化し、個人認識機能の精度が向上。顔を登録しておきたい人物1人につき3枚までの画像登録が可能になったほか、液晶に複数の被写体の名前を同時表示できるようになった。また、撮影時に「ポップ」や「レトロ」など画像にさまざまな効果を付与できる「マイカラーモード」も搭載した。

 本体背面に46万ドット表示の3.0型液晶を備え、基本的にはライブビュー画面を見ながらの撮影となる。P/A/S/Mモードで露出補正や絞り値、シャッタースピードを変更する際には、画面に自動的に露出メーターを表示し、絞りとシャッタースピードの組み合わせが確認しやすい。さらに、新たなシーンモードとして「背景ボケ」モードを追加。適正露出の範囲内で自動的に絞りを開放側に設定し、ボケ具合を画面で確認しながらピント位置をカーソルで任意設定できる。

撮影は基本的にライブビューのみで行う

 動画撮影機能では、1280×720ピクセル・AVCHD Lite方式のハイビジョン録画に対応したほか、Motion JPEG形式の記録も可能。本体背面に専用の「動画ボタン」を備え、静止画撮影からスムーズに切り替えられる。また、動画撮影時にも「おまかせ iA」を動作させることができる。

 そのほか、9月中旬に外付けのライブビューファインダー「DMW-LVF1」を発売する。ホットシューに接続して使用し、20.2万ドット、視野率100%での撮影が可能なほか、撮影アングルにあわせ0-90度までチルトできる。

 西口本部長は「『GF1』はより小さく、より簡単にという課題に挑戦した一台で、元気な女性を中心に提案していく。『コンパクト一眼』という新たなカテゴリとして市場を創出し、来年にはデジタル一眼市場の中で(コンパクト一眼が)3台に1台の割合になるようにしたい」と、今後の展望を語った。

 その後は、「Gシリーズ」のCMキャラクターを務める女優の樋口可南子さん、鳥居かほりさん、ソプラノ歌手の鈴木慶江さん、モデルの森本美和さん、高橋まりのさんで結成された「女流一眼隊」が登場した。

CMキャラクターの「女流一眼隊」(左から)森木美和さん、鈴木慶江さん、樋口可南子さん、鳥居かほりさん、高橋まりのさん

 隊長の樋口さんは、「GF1」について「こんなに小さくて軽くて、動画も録れるということで、(従来の「Gシリーズ」よりも)ますます可愛くなってきた。女性にとってアクセサリのひとつとして、おしゃれを助けてくれるデザインだと思う。是非皆さんにも使っていただきたい」とアピールした。

「女流一眼隊」隊長の樋口可南子さん
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');