KDDIは8月26日、ソニーのブルーレイディスク(BD)レコーダーで録画したデジタル放送の番組を視聴できる機能を、auの携帯電話09年秋冬モデルから順次搭載すると発表した。同社の端末がBDレコーダーと連携するのは初めて。

(左上から)ソニーのBDレコーダー「BDZ-RX50」「BDZ-RX100」「BDZ-EX200」

 地上・BS・110度CSデジタル放送などのデジタル放送番組を携帯電話に転送する取り組みの第1弾。ソニーが9月19日から順次発売するBDレコーダーの機能「おでかけ転送」のデータ転送先として、auの携帯電話を追加するもの。対応するレコーダーは「BDZ-EX200」「BDZ-RX100」「BDZ-RX50」の3機種。

 「おでかけ転送」は、HDDに録画した番組をウォークマンやPSP、携帯電話などの端末に転送して持ち出せる機能。今後、両社は利用できる携帯電話およびBDレコーダーを拡大していく予定。