カシオ計算機は8月21日、電子辞書「エクスワード」の新製品として、英語学習コンテンツを強化した高校生向けモデル「エクスワード XD-SF 4850」を8月28日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

エクスワード XD-SF 4850

 新製品では、音楽にあわせて英単語を聞いて覚える教材「キクタン」シリーズを5コンテンツ収録する。従来からの「キクタン【Entry】2000」に加え、「キクタン【Basic】4000」「キクタン【Advanced】6000」「キクタンリーディング【Basic】4000」「キクタンリーディング【Advanced】6000」などを追加。英会話・トラベル系31コンテンツを備える。

 そのほか「山川 日本史小辞典」「三省堂 生物小事典」「数学公式集」など学習系45種類、「広辞苑」など国語系9種類、「ジーニアス英和辞典」など英語系8種類、「敬語早わかり辞典」など生活・実用系25種類、「日経パソコン用語事典」など実務・情報系2種類の合計120種類のコンテンツを収録。また、夏目漱石「坊っちゃん」、森鴎外「舞姫」といった100種類の日本文学作品も収録する。

 本体には5.3型メインパネルと手書きパネルの2画面で漢字を手書き検索できる「ツインタッチパネル」を搭載し、使用頻度の高い機能をタッチ操作で実行できる「クイックパレット」も備える。また、本体の傾きを検知する「アクションセンサー」で、テキストデータの閲覧時に本体を縦方向に持てば縦書きの「ブックスタイル表示」に切り替るほか、旅行会話集の例文表示中に相手側に傾ければ例文を相手側に向けて表示する「対面表示」にも対応する。

 内蔵メモリは50MB、外部メモリはmicroSDカードに対応し、さまざまな別売りコンテンツを追加可能。電源は単4形乾電池2本で、最大約130時間駆動する。本体サイズは、幅146×奥行き102×厚さ15.5-19.7mm、重さ280g。カラーはホワイト、ネイビーブルー、ピンクの3色。
adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111365');