パナソニックは7月28日、デジタルカメラ「LUMIX」から、コンパクトデジタルカメラの新モデル「DMC-FP8」「DMC-ZX1」「DMC-FX60」の3機種を、8月21日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 いずれも従来の手ブレ補正機能をより強化した「POWER O.I.S.」を搭載する。ジャイロセンサーの性能強化に加え、ソフトウェアのアルゴリズムを改善し、ゆっくりとした手ブレに対する検知精度を向上。それぞれ従来機と比較して約2倍の手ブレ補正効果を実現したという。

 また、モーターの高速化やアルゴリズムの最適化、ソフト処理の高速化を図り、起動時間とオートフォーカス(AF)のレスポンスを高速化。それぞれ従来機との比較で起動時間を20-40%、AFを60%短縮した。

 そのほか、顔と夜景・風景、マクロなど、よく撮るシーンをカメラが認識し、最適な設定で撮影できる「おまかせiA」機能では、今回から新たにフラッシュがONのままでも夜景シーンの自動判別が行えるようになった。個人認識機能も強化し「複数人数の名前同時表示」「縦撮り対応」などに対応したほか、1人あたりの顔画像の登録数を最大3枚にし、認識の精度を向上している。外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。

LUMIX DMC-FP8

 「DMC-FP8」は有効1210万画素の1/2.33型CCDと光学4.6倍ズームの「ライカ DC VARIO-ELMAR(バリオ・エルマー)レンズ」を搭載する。焦点距離は35mmフィルム換算で28-128mm。

 デザイン面ではユーザーから要望が高かった屈曲光学式のスリムデザインを採用。背面には23万ドット表示の2.7型液晶と、操作ボタンには暗所でも確認しやすいLEDキーライトを備える。本体サイズは幅95.7×高さ59.6×厚さ20.2mmで、バッテリーとメモリカードを含めた重さは153g。カラーはブラック、ゴールド、シルバー、レッドの4色。実勢価格は3万5000円前後の見込み。

LUMIX DMC-ZX1

 「DMC-ZX1」は、光学8倍の「ライカ DC VARIO-ELMARレンズ」を備える高倍率ズームモデル。ズーム機能を強化しつつ、現行のスリムモデル「DMC-FX40」と同等の薄さ26mmを実現した。撮像素子は有効1210万画素の1/2.33型CCDで、焦点距離は35mmフィルム換算で25-200mm。

 液晶モニタには23万ドット表示の2.7型液晶を採用。本体サイズは幅97.8×高さ54.6×厚さ26mmで、バッテリーとメモリカードを含めた重さは160g。カラーはブラック、シルバー、レッド、ホワイトの4色。実勢価格は4万円前後の見込み。

LUMIX DMC-FX60

 「DMC-FX60」は、有効1210万画素の1/2.33型CCDと光学5倍ズームの「ライカDC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズ」を搭載。焦点距離は35mmフィルム換算で25-125mm。

 液晶モニタは23万ドット表示の2.7型液晶を採用。液晶も含めた背面は凹凸のないフラットな形状にするとともに、本体正面の中央にはストラップ止めを配置し、使いやすさにも配慮している。本体サイズは幅97.2×高さ54.1×厚さ19.4mmで、バッテリーとメモリカードを含めた重さは147g。カラーはラベンダーブルー、リュクスゴールド、スイートピンク、プレシャスシルバー、ノーブルバイオレットの5色。実勢価格は3万8000円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');