富士フイルムは7月22日、世界で初めて自然な3D静止画・動画を撮影でき、さらに撮影した画像を裸眼で見ることができるコンパクトデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」を8月8日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

立体的な静止画・動画を撮影できるコンデジ「FinePix REAL 3D W1」



 「FinePix REAL 3D W1」は、35mmフィルムカメラ換算で35-105mm相当の「フジノン光学式3倍ズームレンズ」2つと、有効1000万画素の1/2.3型CCDを2つ、新開発の画像処理プロセッサー「リアルフォトエンジン3D」を搭載。2つのレンズを用いて撮影位置を微妙にずらし、2枚の映像を合わせることで、3Dの静止画・動画を撮影・再生できるのが特徴。

FinePix REAL 3D W1

 撮影機能として、異なる角度からの2D撮影を2回行い、1枚の3D画像に合成することで、より自然な3D画像を作成する「3D 2回撮り」や、電車や飛行機などで撮影者が移動しながら、視点の異なる2枚を連写することで、超遠景を立体的に写し出すことができる「3D 時間差撮り」などを備える。

 また、通常の2D撮影にも対応。2つのレンズの設定を変え、被写体をズームアップした画像と、ワイドな画像を同時に撮影する機能「テレ/ワイド同時撮り」や、2つの撮像システムの設定を変え、同じシーンでも色調の異なる2枚の画像を撮影する機能「2カラー同時撮り」などを備える。

 背面の2.8型液晶モニタには、両目にそれぞれ別の画像を投影する「ライトディレクションコントロールシステム」を採用。パネル本来の解像度を生かしたまま、ちらつきのない自然な立体感を裸眼で得ることができる。3Dと2D両方の表示に対応し、撮影・再生時ともワンタッチで簡単に3D/2Dの切り替えが可能。

 内蔵メモリは約42MBで、外部メモリはSD/SDHCカードに対応する。電源は充電式バッテリー。本体サイズは幅123.6×高さ68.0×奥行き25.6mm、重さ約260g。カラーはピアノブラック。

 同モデルの発売に伴い、3D写真をプリントできるサービスを同時にスタートする。サイズは2L/KGの2サイズで、同社のネットプリントサイト、および写真店で注文できる。価格は各サイズともに1枚500円。

3D表示が可能な8型フォトフレーム「FinePix REAL 3D W1」



 そのほか、「FinePix REAL 3D W1」で撮影した3D静止画・動画を、専用メガネ不要で鑑賞できるデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V1」も同日に発売する。800×600ドットの8型液晶パネルに、3Dだけでなく2Dの画像も表示可能。72コマの画像を同時に再生できる「マイクロサムネイル」や、大量の画像の中から目的の画像を検索できる「ピクチャーサーチ」など、多彩な再生機能を搭載し、20種類の豊富なスライドショー再生を3D/2Dで楽しめる。

FinePix REAL 3D V1

 表示する画像データは、xDピクチャーカード、SD/SDHCカードから取り込めるほか、赤外線通信、「FinePix REAL 3D W1」とのUSB接続による画像の受信が可能。内蔵メモリは512MB。カラーはピアノブラック。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。