バンダイは6月30日、ペットボトルのキャップを「顔」として付け替えて楽しめるフィギュア「CapHeads(キャップヘッズ)!」を7月25日に発売すると発表した。ラインアップは全10種類で、価格は525円。

CapHeads!

 ペットボトルのキャップが顔になっており、体と手足が付いているフィギュア。顔部分は取り外しができるので、市販のペットボトルのキャップに付け替えたり、キャップにシールやペンでアレンジしたり、カスタマイズが楽しめる。付属のチェーンでバッグや携帯電話に取り付けて持ち歩く。


 ラインアップはグリーン、ホワイト、ブルー、ピンクのほか、3組のアーティストとコラボレーションしたデザイン6つもラインアップする。アーティストは、「DEVILROBOTS(デビルロボッツ)」「studio crocodile(スタジオ クロコダイル)」「MORI CHACK(モリ チャック)」。

 今回の「CapHeads!」は、ペットボトルキャップ分別に対する意識を高めるために“ゴミを分別しよう”というメッセージを込め、環境活動に関心を持ってもらいながら、商品を楽しもうという“キーチェーンフィギュア×コレクション×エコ”という新しいライフスタイルを提案する。

 なお、バンダイでは同製品の売り上げの1%を「GREENSTYLE(グリーンスタイル)基金」に寄付し、環境活動に貢献していく。基金は、おもに風車やソーラーパネルの建設などの自然エネルギーの普及、ごみゼロ活動や生態系サービスを提供する里地里山などの環境保全活動に役立てられる。事務局は、環境広報に取り組む財団法人水と緑の惑星保全機構。