富士通は6月17日、10.1型ワイド液晶のミニノートPC「FMV-BIBLO LOOX Mシリーズ」の新モデルとして、従来モデルに比べてカラーバリエーションを拡充し、CPUや液晶解像度などを強化した「FMVLMD15」を6月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

FMVLMD15

 新モデルでは、従来のミルクホワイトとルビーレッドに加え、シャイニーブラックとライトラベンダーの2色を追加し、カラーバリエーションを4色に拡充した。また、CPUをAtom N270(1.60GHz)からAtom N280(1.66GHz)へ、10.1型ワイド液晶の解像度を1024×576から1024×600へと強化した。

 そのほかの主な仕様は、1GBのメモリ、160GBのHDDを搭載。OSはWindows XP Home Edition(SP3)を採用する。通信機能はIEEE802.11b/gの無線LAN、Bluetoothに対応する。バッテリー駆動時間は約2.7時間。本体サイズは幅258×奥行き189×高さ29-34mm、重さ約1.2kg。

 ミルクホワイトとルビーレッドのみ、「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」搭載モデルも用意する。実勢価格は7万円前後の見込み。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111391');