ASUSTeK Computer(ASUS)は6月16日、15.6型ワイド液晶を搭載したノートPC「F52A」をエプソンダイレクトで販売すると発表した。エプソンダイレクトの直販サイトや東京・秋葉原の「エプソンダイレクトプラザ」で6月30日から受注を開始し、順次出荷する。エプソンダイレクトが他のメーカーのPCを販売するのは初めて。

 「F52A」は、アスペクト比16:9、解像度1366×768画素の15.6型ワイド液晶を搭載したノートPC。また、キーボードに10キーを備えていることが特徴。こうした機能を搭載した「F52A」は、「エプソンダイレクトブランドの製品と競合しない」(エプソンダイレクトの広報担当者)ことから、ラインアップに加えることで、さまざまな顧客ニーズに応える考え。ASUSは、エプソンダイレクトで販売することで、PCの「法人向けビジネスを強化」(ASUSの広報担当者)する狙いだ。

 主なスペックとして、CPUにCore 2 Duo P8600(2.4GHz)、2GBメモリ、320GBのHDD、スーパーマルチドライブ、メモリカードスロット、Webカメラを搭載している。無線LANは、IEEE802.11b/g/nに対応する。そのほか、8秒で起動し、Web閲覧、オンラインチャット、音楽や画像を再生できる「Express Gate」機能を備えている。本体サイズは、幅380×奥行き258×高さ34.4mm、バッテリー装着時の重さは約2.53kg。バッテリー駆動時間は約4時間。

 ラインアップと価格は、OSにWindows Vista Business SP1正規版を採用し、オフィスソフト非搭載の「F52A-SX004E」が7万9800円。同製品には、OSを「Windows XP Professional」にダウングレードができるディスクを付属する。一方、OSにWindows Vista Home Premium SP1 正規版を採用し、オフィスソフト「Microsoft Office Personal 2007」搭載の「F52A-SX004CS」が9万9800円。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111350');