KDDIは5月26日、携帯電話ブランド「au」で、一部の京セラ製端末において、使用中に電源が入らなくなる不具合があることを確認したと発表。対象となる機種の販売を一時停止する。

左から、「W62K」(ペールアイボリー)、「W63Kカメラなしモデル」、「W65K」(フルールピンク)

 今回の不具合は、京セラ製端末「W62K」の法人向けアプリプリセットモデル、「W63Kカメラなしモデル」、「W65K」の一部において、利用中に電源が入らなくなる場合があるというもの。同社は原因について、送信関連部品の不良のためとしている。

 不具合が確認されたのは、当該機種のうち、「W62K」の法人向けアプリプリセットモデルの製造番号「SKYER085201-SKYER115200」と「W63Kカメラなしモデル」の製造番号「SKYEV015501-SKYEV027500」、「W65K」の製造番号「SKYEW052601-SKYEW060900」、「SKYEW063901-SKYEW087900」、「SKYEX069225-SKYEX100800」、「SKYEY043401-SKYEY059500」。なお、製造番号は、携帯電話本体の電池ブタと電池パックを外し、本体背面のラベルで確認できる。

 対応方法については、対象となる携帯電話のユーザーに、同社HPおよび個別での書面送付等で案内するという。ユーザーからの問い合わせ先は、「auお客さまセンター」で、au電話からは局番なしの「157」、一般電話からは「0077-7-111」。9時から20時まで受け付ける。