富士通は5月25日、NTTドコモ向けの携帯電話の新機種「F-09A」「F-08A」の発表会を都内で開催した。会場には、5月27日から新製品のテレビCMに出演する俳優の瑛太さんが登場し、「ワンセグでドラマをみて『瑛太』と検索したり、番組で登場したお店を検索したりできますね」と、新製品を手にした感想を語った。

携帯電話の新キャラクター・瑛太さん

 「F-09A」は、液晶モニタに約3.4型の大画面タッチパネルを搭載したハイスペックモデル。画面を横にスライドできる「スライドヨコモーション」を採用している。瑛太さんは、CM撮影の際に同製品を初めて手にして、「なんでこうなっているの? すごい!」と驚いたという。また、キーボードの「イルミネーションもいい」と製品のデザインに惹かれていた。

「スライドヨコモーション」採用の「F-09A」

 「F-08A」は、「水中で撮影ができる世界初のケータイ」(佐相秀幸・モバイルフォン事業本部長)。さらに、「これまで角ばったデザインになりがちだった防水携帯に曲線を取り入れた」(大谷信雄・モバイルフォン事業副本部長)など、防水性能に合わせてデザインも強化。佐相事業本部長は「防水ケータイなら富士通」と、自信を見せた。

防水対応の「F-08A」

 また、4色のカラーバリエーションのうち、ピンクのモデルは、カリスマネイリストの黒崎えり子さんがデザインを担当。黒崎さんが大好きだというハートを取り入れて「ネイルと同じように、気分を上げたり、癒しになるように」デザインしたという。

「F-09A」には、矢印の方向に歩けば目的地に辿りつける「ロケーションレーダー」機能を備えている。

 そのほか「F-09A」「F-08A」ともに、身体活動量を測定する「エクササイズカウンター」を搭載。「F-09A」には、近くにあるコンビニなどを検索し、表示された矢印の方向に歩けば目的地に辿りつける「ロケーションレーダー」も備えるなど、ソフトウェアの機能の強化も図っている。

 富田達夫・取締役副社長は、09年の携帯電話市場について慎重にみているものの、「携帯電話は、次々と新たしい製品が登場する“欲しくなる市場”」であると述べ、「魅力のある製品を投入すれば、購買意欲を掘り起こせる」と、新製品への期待を述べた。

左から、大谷信雄・事業副本部長、富田達夫・取締役副社長、黒崎えり子さん、佐相秀幸・事業本部長