日本ビクターは5月21日、デジタルビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズの新モデルとして、総画素数1029万画素の1/2.33型CMOSセンサーを搭載し、フルハイビジョン(フルHD)画質の動画撮影と、画素補間なしの有効896万画素の静止画撮影を両立した「GZ-X900」を6月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。発表会には、プロモーションキャラクターのベッキーさんが登場し、新製品の感想を語った。

 コンパクトデジカメに匹敵する、業界最高の総画素数1029万画素の1/2.33型CMOSセンサーを採用。RGB原色フィルターの配列をデジタルカメラなどで多く使用される「ベイヤー配列」とすることで、画素補間のない有効896万画素の静止画を記録できる。


 新開発の高画質エンジン「HDギガブリッドPremiumII」を搭載し、有効498万画素、1920×1080のフルHD画質の動画撮影が可能。また、動画撮影中でも、モード切り替えなしで530万画素の静止画が撮影できる機能を備える。


GZ-X900


 連写速度は、有効896万画素の静止画撮影時、高速撮影モード(1/15s相当)で6コマ、動画撮影時は高速撮影モードで11コマだが、画素数が530万画素となる。また、最速600fps(640×72ドット)のハイスピード動画撮影機能も搭載する。


 レンズは、35mmフィルムカメラ換算で48.5-242.5mm(動画)の光学5倍ズームが可能な、新開発の超薄型「コニカミノルタHD レンズ」を採用。レンズの入り口から手ブレを補正する、独自の「光学手ブレ補正システム」により、光軸ズレにともなう収差を抑え、手ブレ補正時においても高画質な画を撮影できる。


 ボディにはメタルフレームを使用したほか、グリップ部をカーボン・パターンで仕上げた高級感あふれるデザインを採用。液晶モニタはアスペクト比16:9ワイドの2.8型。記録メディアはSD/SDHCカードに対応する。連続撮影時間は付属バッテリー使用時で約1時間15分。本体サイズは幅37×高さ66×奥行き124mm、重さ約250gとコンパクト。カラーはブラック。


堀伸生・取締役 カムコーダー事業部長


 堀伸生・取締役 カムコーダー事業部長は、「GZ-X900」が国内家庭向け商品として初めて、同社の海外ブランド「JVC」のロゴを採用することを発表。その上で、新製品のコンセプトについて「ビデオと写真を両立する『1台2役』」と語り、「ユーザーは、ビデオカメラで静止画を撮るとデジカメの画質に届かない、デジカメの動画撮影機能では動きがぎこちない、などの理由から、デジタルビデオカメラとデジタルカメラを使い分けてきたが、その煩雑さを解消できる製品」とアピールした。


プロモーションキャラクターのベッキーさん


 続いて、「Everio」を中心とした同社のプロモーションキャラクターに起用された、タレントのベッキーさんが登場。普段からビデオカメラを使うというベッキーさんは、新製品を手にした感想を「シンプルでかっこいいデザイン。さらにとっても軽いので、連れて歩きたい」とコメント。また、プロモーションキャラクターに決定した際の気持ちを聞かれると「ビクターさんの製品は高品質というイメージ。一緒にお仕事させていただくのが嬉しい」と笑顔を見せた。