パナソニックは5月18日、「マイクロフォーサーズシステム」を採用したデジタル一眼カメラで、フルハイビジョン(HD)動画撮影機能を搭載した「LUMIX(ルミックス) GH1」で、新たなレンズキット「DMC-GH1A」とボディのみの「DMC-GH1」の販売を6月12日から開始すると発表した。価格はオープン。

LUMIX DMC-GH1A

 「DMC-GH1A」は、「GH1」ボディと交換レンズ「LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」のセット。従来は「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S.」とのレンズキット「DMC-GH1K」のみを発売していた。

 実勢価格はレンズキット「DMC-GH1A」が12万円前後、ボディ単体の「DMC-GH1」が10万円前後の見込み。カラーは「DMC-GH1A」がコンフォートブラック、コンフォートレッド、コンフォートゴールドの3色で「DMC-GH1」はコンフォートブラックのみ。

 「LUMIX GH1」は、有効1210万画素の4/3型Live MOSセンサーと、可動式の3型液晶モニタ、ライブビューファインダーを自動切り替えする「Wライブビュー」などを備えたデジタル一眼カメラ。対応するレンズと組み合わせると、フルHD画質での動画記録にも対応する。記録媒体はSD/SDHCメモリカードで、記録可能な画像形式はJPEG/RAW。本体サイズは幅124×高さ89.6×奥行き45.2mmで、重さは385g。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111389');