ウィルコム、次世代PHS「WILLCOM CORE XGP」を都内一部で法人向けに27日から

ニュース

2009/04/23 14:57

 ウィルコムは4月22日、高速モバイルデータ通信「WILLCOM CORE XGP」を、一部の対象エリアで4月27日から限定サービスを行うと発表した。アプリケーションを共同実験するパートナーや、法人モニター向けにPCカード型の端末を貸し出す。サービス料は無料。

 「WILLCOM CORE XGP」は今年秋に開始する次世代PHSサービス。4月27日から9月30日まで、JR山手線内など東京都の一部エリアで限定サービスを行う。端末はPCカード型で、NECインフロンティア製と、ネットインデックス製。通信速度は、上り下りともに最大20Mbps。

 第1段階として、4月27日から都内でXGPのデモ展示を行う。また、アプリケーションを共同実験するパートナー向けに、順次「XGP」専用データ通信カードの貸出しを開始する。

 6月以降の第2段階では、法人を対象としたモニター500ユーザーに「XGP」専用データ通信カードの貸出しを開始する。

オススメの記事