ソフトバンクM、小・中学生向け端末にあらかじめ機能制限を施して販売

ニュース

2009/04/13 12:38

 ソフトバンクモバイルは、子どもが安心・安全に携帯電話を利用できる取り組みとして、4月18日から子ども向け携帯電話の販売時に、店頭で機能制限を実施する。


 対象となる端末は、防犯機能や使いすぎ防止機能などを搭載した子ども向けの「コドモバイル SoftBank 820T」と「fanfun.petit SoftBank 831T」の2モデル

 従来は、購入後に保護者が制限機能を設定する必要があったが、今回の取り組みでは、利用者が小・中学生の場合、あらかじめ店頭で機能制限を行い、メールとウェブ機能を制限してから販売する。なお、購入後に保護者が制限機能の再設定を行うこともできる。

 今回の取り組みは、同社の端末を販売する全国の店舗で実施されるが、オンラインショップは対象外となる。

オススメの記事