ソニーは3月25日、デジタルカメラ「サイバーショット」の新モデルとして、秒間10枚の高速連写機能や、パノラマ撮影機能を搭載した「DSC-HX1」を4月24日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5万5000円前後の見込み。

DSC-HX1

 有効910万画素の「“Exmor”CMOSセンサー」や、画像処理エンジン「BIONZ」、新開発のシャッターユニットを搭載し、世界で初めてフル画像サイズでの秒間10枚の高速連写性能を実現。また、「サイバーショット」シリーズでは初めて、デジタル一眼レフカメラ「α」で使用している「Gレンズ」を採用した。レンズは光学20倍ズームで、焦点距離は35mmフィルム換算で28-560mm。

 また、自動でパノラマ写真を合成する「スイングパノラマ」機能を搭載。連写しながらカメラ本体を横方向や縦方向へ振ると、最大224度までのパノラマ画像を約1秒で自動的に作成できる。このほか、6枚の高速連写画像から暗所撮影時に発生するノイズを約2分の1に低減した1枚の画像を合成できる。

 記録媒体は、メモリースティック デュオ/同 PROデュオ/同 PRO-HGデュオに対応するほか、11MBのメモリを内蔵する。本体サイズは、幅114.5×高さ82.8×奥行き91.8mm、重さ約453g。カラーはブラック。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111380');