東芝、液晶テレビ「レグザ A8000シリーズ」に22V型モデルを追加

ニュース

2009/03/12 17:31

 東芝は3月12日、22V型の液晶テレビ「レグザ(REGZA)22A8000」を4月下旬に発売すると発表した。価格はオープン、実勢価格は8万5000円前後の見込み。

22A8000

 「22A8000」は、高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」を採用し、視聴環境に応じて映像を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能を搭載するなど、小型サイズながら高画質を実現したモデル。プライベートルームでの利用を目的とし、インテリアのトーンにも合わせやすい、ムーンブラック、ルーチェホワイト、サクラピンクの3色のカラーバリエーションを揃える。

 新聞のテレビ欄と同じレイアウトの電子番組表「レグザ番組表・ファイン」や、次世代ゲーム機との接続に最適な「新ゲームモード」を搭載し、同社リンク機能「レグザリンク」にも対応。また、大きく使いやすいチャンネルボタンを採用した「シンプルレグザリモコン」を付属する。

 チューナーは地上デジタルチューナーのみ。パネル解像度は1366×768ドット。接続端子は、HDMI端子×2、D4映像端子×1など。スタンドを含む、本体サイズは幅54.7×高さ40.7×奥行き22.5cm、重さ約6kg。 adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111384');

オススメの記事