レノボ、コンパクトになったミニノートPC「IdeaPad」、8.9型液晶で実売3万台

ニュース

2009/03/06 13:47

 レノボ・ジャパンは3月6日、ミニノートPC「IdeaPad」の新モデルとして8.9型ワイド液晶を搭載した「IdeaPad S9e」を3月7日から発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万9800円前後の見込み。

IdeaPad S9e

 「IdeaPad S9e」は、発売中のミニノートPC「IdeaPad S10e」の液晶を10.1型ワイドから8.9型ワイドに小型化し、内蔵Webカメラも130万画素から30万画素にしたモデル。一方で、バッテリー駆動時間を、6セルバッテリー装着時で最長6.2時間に延長したほか、本体の重さも1.3kgと若干軽量化され、より携帯性を高めている。

 主な機能は「IdeaPad S10e」と共通。OSを起動せずにメール確認やインターネットの閲覧などが可能な「クイック・スタート機能」や、よく使用するアプリケーションを簡単に起動できる「Novoボタン」などを備える。

 仕様は、CPUインテル Atom N270(1.6GHz)、1GBメモリ、160GBのHDDなど。無線LANはIEEE802.11b/gに対応し、OSはWindows XP Home Edition(SP3)。本体サイズは幅250×奥行き196×高さ22-36mm。カラーはパールホワイトのみ。

オススメの記事