HOYAは3月3日、「ペンタックス」ブランドのデジタル一眼レフカメラ専用交換レンズ「リミテッドレンズ」シリーズの新モデルとして、広角撮影が楽しめる「smc PENTAX DA 15mm F4 ED AL Limited」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円台前半の見込み。

smc PENTAX DA 15mm F4 ED AL Limited

 35mmフィルムカメラ換算で23mm相当の画角が得られる超広角レンズ。ハイブリッド非球面(AL)レンズと特殊低分散(ED)ガラスを各1枚採用し、歪曲収差や倍率色収差などの諸収差を補正する。レンズには汚れに強いSP(Super Protect)コーティングを施した。

 また、レンズ前面をドーム状の突出がないフラット形状にしたことで、風景写真で使用頻度の高い円偏光フィルターをはじめ、市販の49mmサイズフィルターを装着することが可能。

 最短撮影距離は0.18mで、最大撮影倍率は0.15倍。レンズ構成は6群8枚。絞り羽根は7枚で、最小絞りはF22。本体サイズは最大径63×長さ39.5mmで、重さは212g。レンズマウントはペンタックスKAF2マウント。