KDDIは1月29日、携帯電話ブランド「au」で、09年春モデル10機種を1月31日から順次発売すると発表した。携帯オーディオ「ウォークマン」機能の搭載や世界初の3D表示など、「音楽」「映像」の各種機能を充実した端末のほか、ベルト付きモデルなど「長く使う」ことをコンセプトとした新しいシリーズも追加。新CMのキャラクター・仲間由紀恵さんもゲストとして登場した。


 ラインアップは、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Walkman Phone,Premier3(ウォークマンフォンプレミアキューブ)」、カシオ計算機製の「CA001」、日立製作所製の「Woooケータイ H001」、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ S001」、京セラ製の「ベルトのついたケータイ NS01」、パンテック・キュリアル製の「ケースのようなケータイ NS02」など計12機種。

「ウォークマン」で音楽に特化、タッチ&シェイクして楽器演奏



 「Walkman Phone,Premier3」は、携帯オーディオに携帯電話機能を加えた従来モデル「Walkman Phone,Xmini」の高音質はそのままで、携帯電話としての使い勝手を向上させたモデル。「Xmini」が小型のスライドタイプだったのに対し、「Premier3」は2つ折りタイプを採用した。


 前面のボタンを長押しすれば、ウォークマンがすぐに起動する。同梱するスピーカー付きのクレードルを使えば、自宅で充電をしながら音楽を楽しめる。ディスプレイは3インチ。サイズは約50×105×16.3mm、重さは約113g。縦と横2方向に開閉できる。カラーはスパークリングゴールド、パッショネイトピンク、ノーブルブラック。

 「CA001」は、auとして初めて3.1インチのタッチパネルを搭載。ヤマハの楽器エンジン「Mofiano」を採用し、ピアノやドラム、マラカスなどの楽器を画面をタッチしたり本体を振ったりして演奏することができる。楽器は世界のさまざまな国や地域から11種類を収めた。好きな楽器を組み合わせて作曲し、着信音にすることも可能。


 健康管理サービス「au Smart Sports」に対応。移動距離や歩数、消費カロリーなどをカウントし、画面上のペンギンのキャラクターと一緒に楽しくジョギングやウォーキングが行える。サイズは約50×109×17.8mm、重さは約122g。画面を外側にして折りたためる回転式ヒンジを採用した。カラーはイエロー、ホワイト、ブラウン。

映像をとことん楽しむ――世界初の3D表示や有効808万画素のカメラ



 映像を見たり撮影したりする機能を充実したモデルもある。「Woooケータイ H001」は、480×854ドットの液晶画面として、世界で初めて3D表示に対応。着信時やテレビ電話などの一部の利用シーンを除き、ほとんどの表示で3D化が可能。左下の専用ボタンで表示を切り替えると、写真やアニメーションが立体的に浮き上がって見える。


 ディスプレイは3.1インチ。有効500万画素のカメラも搭載する。サイズは約51×111×18.6mm、重さは約145g。縦と横2方向に開閉できる。カラーはフレイムレッド、ソリッドシルバー、ネオンパープル。

 また、「Cyber-shotケータイ S001」は、有効808万画素のCMOSセンサー「Exmor(エクスモア)」を採用したカメラを搭載。逆光や夜景など、撮影シーンによって露出やホワイトバランスをカメラが自動調整する機能「おまかせシーン認識」を備える。このほか、カメラまかせで撮れる各種機能を装備し、高精細な写真を手軽に楽しめる。


 撮影した写真をインターネット経由でソニーの液晶テレビ「ブラビア」に送付できるサービス「<ブラビア> ポストカード」にも対応する。ディスプレイは3.3インチの有機EL。サイズは約51×115×17.8mm、重さは約145g。カラーはマゼンタ、オリーブ×ゴールド、ブラック。

“長く使う”をカタチにした新シリーズ「NEW STANDARD」



 「長く使っても飽きない」をコンセプトとした新シリーズ「NEW STANDARD」も加わった。今回のラインアップは2機種で、いずれも持ったときに手になじむ独特の質感とシンプルなデザインが特徴。大きめの数字キーを採用し、年齢や性別を問わず使える。

 「ベルトのついたケータイ NS01」は、背面にベルトを取り付けた斬新なデザイン。ベルトに手を通すことで、通話や持ち運びの際に手が本体にフィットしやすい。ベルトは取り外しが可能で、別売りのベルトでカスタマイズすることも可能。


 ディスプレイは2.8インチ。サイズは約48×100×18.8mm、重さは約119g。本体カラーとベルトの色は、ライトブルーがブラウン&イエロー、ホワイトがグリーン&ブラウン、ブラウンがオレンジ&グリーン。


 「ケースのようなケータイ NS02」はアタッシュケースがモチーフで、側面がカバンの開閉部とそっくり。本体の中央部にふくらみをもたせて手にフィットしやすくした。画面上の文字サイズは6段階に調節できる。ディスプレイは2.7インチ。サイズは約51×102×19.4mm、重さは約134g。カラーはブラック、アイボリー、グリーン。

デザインをカスタマイズできるモデルや子ども向け携帯電話も



 このほか、外観と画面上のデザインをカスタマイズできる東芝製「フルチェンケータイ T001」、有効800万画素のカメラを搭載するシャープ製「SH001」、厚さ13.3mmのスリムなパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P001」、子ども向けの京セラ製「安心ジュニアケータイ K001」もラインアップする。


 会見の挨拶として、小野寺正・社長兼会長は、「お客様のニーズにスピーディーに対応するためには、一歩前を行く感性を磨き、お客様をわくわくさせるような製品やサービスを提供したい」と抱負を述べた。さらに、「イノベーティブ、デザイン、ユーザビリティ、買いやすさ&選びやすさ」という4つの視点を提示。今後こうした切り口から、生活に溶け込むブランドとしてauらしさを構築していく考えを示した。