カシオ計算機は1月15日、コンパクトデジタルカメラ「EXILIM」の新製品として、動く被写体を切り抜いて背景と合成できる機能を搭載した「EX-Z400」「EX-S12」を、1月23日から順次発売すると発表した。いずれも価格はオープンで、実勢価格は3万円台後半の見込み。

 2モデルとも、高速画像処理を行う新開発「EXILIMエンジン4.0」の採用による、動く被写体を切り抜いて背景となる別の静止画に合成できる機能「ダイナミックフォト」を搭載。写真の中で被写体だけが動く画像をカメラ本体で作成できる。


EX-Z400


 「EX-Z400」は、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を備え、手持ちでもきれいに夜景が撮影できる。有効1210万画素のCCD、光学4倍ズームレンズ、3.0型液晶のモニタを搭載。フル充電で約550枚撮影できる長寿命の充電池も採用した。カラーはゴールド、ピンク、ブラウン。


EX-S12


 「EX-S12」は、サイズが幅94.2×高さ54.6×奥行き14.9mmの薄型ボディが特徴。外観はステンレス素材を用いた高品位な質感に仕上げた。有効画素数1210万画素のCCD、光学3倍ズームレンズ、2.7型ワイド液晶のモニタを搭載する。カラーはシルバー、ピンク、グリーン、ブラック。

adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111365');