オリンパスイメージングは1月13日、「防水・防塵」「耐落下衝撃」「耐低温」性能を備えるコンパクトデジタルカメラとして、有効1200万画素の「μTOUGH-8000」と有効1000万画素の「μTOUGH-6000」を1月29日から順次発売すると発表した。価格はオープン。

 2モデルとも、耐落下衝撃性能との両立が困難とされていたCCDシフト式手ブレ補正機能を新たに搭載。独自の画像処理エンジン「TurePicIII(トゥルーピックスリー)」を搭載し、目で見たままに近い画を再現する。また外部メモリは、microSDアタッチメント「MASD-1」を同梱し、xD-ピクチャーカードに加えて、microSD/SDHCカードにも対応した。

 35mmフィルムカメラ換算で28-102mmの3.6倍光学ズームレンズを搭載。モニタには、160度を超える広い視野角を持ち、輝度が1000cd/m2で昼光下でもはっきりと被写体を写し出す2.7型の「ハイパークリスタルIII」液晶を採用した。

μTOUGH-8000

 「μ TOUGH」シリーズの最上位機種「μTOUGH-8000」は、水深10mまでの防水性能と、砂やホコリに強い防塵性能、高さ2mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度までの耐低温性能を備え、100kgfまでの荷重に耐えるモデル。また、新たにカメラが水中にあることを検知する「水中検知センサー」を搭載。カメラを水中で使用すると、自動的に液晶の明るさを調整したり、各種の水中シーンモードを優先的に表示したりする。

 内蔵メモリは45MB。カラーはブラックとシルバーの2色。本体サイズは幅95×高さ61.7×奥行き21.5mm、重さ182g。実勢価格は5万円前後の見込み。

μTOUGH-6000

 「μTOUGH-6000」は、水深3mまでの防水性能と、砂やホコリに強い防塵性能、高さ1.5mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度までの耐低温性能を備えたモデル。内蔵メモリは42MB。カラーはブルー、オレンジ、ホワイト、イエローの4色。本体サイズは幅95.3×高さ63.4×奥行き22.4mm、重さ149g。実勢価格は4万円前後の見込み。adpds_js('http://ds.advg.jp/adpds_deliver', 'adpds_site=bcnranking&adpds_frame=waku_111362');