2008年の40V型以上の薄型テレビ販売台数シェアで、シャープが首位の座を獲得した。シャープが40V型以上の薄型テレビ市場で年間シェアNo.1になったのは初めて。大画面薄型テレビ市場は、06年以降ソニーがトップを維持してきたが、08年はシャープが躍進、30.8%にシェアを伸ばし、30.2%のソニーを僅差でかわした。

40V型以上の大画面は、シャープとソニーで6割占める




 40V型以上の薄型テレビ市場は、06年以降ソニーが販売台数シェア30%台を占めて他社を引き離し優位に立っていた。2位は、パナソニックが25%前後でソニーに追随し、3位に20%前後のシャープが続く構図だった。しかし07年に、シャープがパナソニックを抜き2位に上昇、パナソニックは3位に後退した。08年は、シャープとソニーが30%台で拮抗するなか、22.7%にとどまったパナソニックは、上位2社に水をあけられるかたちとなった。(関連記事:「BCN AWARD 2009」受賞社決定、液晶テレビはシャープが2冠、12部門でトップ入れ替わり

 4位は、日立製作所で7.6%。順位とシェアは07年と同じレベルで、06年と比較すると下降傾向をたどっている。一方、5位の東芝は、前年比1.9ポイント増の7.3%。同社のシェアは10%に満たないものの、06年以降年々上昇しており、大画面市場での存在感を高めつつある。

40V型以上の台数構成比は2割へ、販売台数は前年に比べ大幅に拡大




 08年1年間の薄型テレビ市場全体に占める販売台数構成比は、30-40V型未満が44.5%で、市場全体の約半数を占めている。しかし、その構成比は、前年比0.6ポイント減でほぼ横ばい。一方、40V型以上は08年に20.6%を占め、前年に比べ3.2ポイント拡大している。


 また、40V型以上の大画面は、販売台数も大きく伸びており、08年は前年比46.0%増。主要サイズ30-40V型未満の伸び率21.6%よりも高く、大画面の需要が高まっていることがわかる。また、薄型テレビの税抜き平均単価は、32V型が10万円前後、37型が15万円前後に下落、40-42V型の大画面は20万円以下まで下がってきた。32、37V型を目当てに売り場に行った消費者が、より大きいサイズを購入するという傾向が出てきていると言えるだろう。(関連記事:薄型テレビのサイズ別平均単価、昨年より15%前後下落、より買い得に)

 価格下落を背景に、店頭では消費者に大画面を訴求しやすくなった。リビングに置くテレビのサイズに40V型以上を勧めるPOP広告を置く光景が増えているなど、大画面を推進する動きは今後ますます高まりそうだ。(BCN・田沢理恵)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで123品目を対象としています。