富士通は12月15日、小型・軽量化を追及したウルトラモバイルPC(UMPC)「LOOX Uシリーズ」の09年春モデルとして、「FMV-BIBLO LOOX U/C40」「同/C30」を、12月26日に発売すると発表した。価格はオープン。


 両モデルとも、5.6型ワイドのコンバーチブル型タッチパネルを搭載。解像度は1280×800ドット(WXGA)で、タッチペンも付属する。

 主なスペックは、1GBメモリ、60GBのHDDを搭載し、SDメモリカード/CFカードスロット、指紋センサーを装備する。OSはWindows XP Home Edition(SP3)で、本体サイズは幅171×奥行き135×高さ26.5-33.0mm、重さは約565g。バッテリー駆動時間は「C40」が約5時間、「C30」が約6時間。

 価格は、CPUにAtom Z530(1.60GHz)を採用し、IEEE802.11n ドラフト2.0/IEEE 802.11a/b/g準拠の無線LAN、Bluetooth、約130万画素のWebカメラを搭載した上位モデル「C40」が10万9800円前後の見込み。

 一方、CPUにAtom Z520(1.33GHz)、IEEE802.11n ドラフト2.0/IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetoothを搭載し、Webカメラ非搭載の「C30」が8万9800円前後の見込み。

FMV-BIBLO LOOX C40/C30

 このほか、直販サイト限定として、ノースシルバー、ピンクベージュ、フューシャピンクの3色のカラーモデルを用意する。

web限定モデル