リンクスインターナショナルは12月12日、グラフィックチップにRadeon HD 4870を搭載したHDMI対応グラフィックボード「GV-R487D5-1GD」を12月13日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5600円前後の見込み。

GV-R487D5-1GD

 グラフィックチップRadeon HD 4870に加え、DDR5規格の容量1GBのメモリを採用。ZALMAN製ファンを搭載し、静音性の高い冷却が行える。寿命の長い日本製の固体コンデンサを採用。このほか、複数のグラフィックカードを並列動作させてGPUへの処理バランスを分散し、3Dの処理能力を高める技術「CrossFire X」も備える。

 最大解像度は2560×1600ピクセル。スロットの規格はPCI Express2.0。出力端子はDVI-Iが1基、HDMI端子が1基、DisplayPortが1基など。著作権保護技術HDCPに対応する。