ソーテックは12月2日、オンキヨーの音質技術を搭載した小型デスクトップPC「HDC-1Lシリーズ」を12月3日に発売すると発表した。価格はオープンで、本体単体モデルの実勢価格は、5万9800円前後の見込み。

HDC-1Lシリーズ


 オーディオに特化した小型デスクトップPC。振動に強い高剛性シャーシ構造の「超静音」オーディオボディには、音量ミキサーをパスして音楽信号をダイレクト伝送する「PDAPテクノロジー」や、高SN比120dBを達成した専用開発のサウンドボードを搭載する。


 主な仕様は、CPUにAtom 230(1.6GHz)、160GBのHDD、1GBメモリ、945GC Express(945GC+ICH7)のチップセット、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、OSはWindows XP Home Edition SP3、有線LANは10BASE-T/100BASE-TX。本体サイズは幅205×高さ92.5×奥行き240mm、重さ約3.5kg。


 本体単体モデルの他に、パワードスピーカーとのセットモデル「HDC-1LGX」を7万4800円前後で、パワードスピーカーと19型ワイド液晶ディスプレイを組み合わせたセットモデル「HDC-1LGX/19W1」を9万9800円前後で用意する。