ティアックは11月14日、家庭用高級オーディオのエントリー向けハイコンポ「Reference 600」を、12月上旬に発売すると発表した。

AG-H600


 「Reference 600」は、レシーバー「AG-H600」とCDプレーヤー「PD-H600」で構成。両製品のデザインは、直線的なフロントパネルからアールを描いてサイドパネルに続くシンプルで美しいデザインを採用。フロントパネルとサイドパネル、トップパネルにはブラック&ヘアライン仕上げのアルミ材を使用し、さらにトップパネルには「TEAC」の文字を刻印した。


 「AG-H600」は、大型トロイダルトランスを採用した電源部や徹底したノイズの排除、それらを支える高剛性シャーシを採用したレシーバー。パワーアンプ部は75W+75Wのデジタルアンプ。iPodドックを標準付属する。そのほか、6.3mm標準ヘッドホンジャック、AM/FMチューナー機能、MMカートリッジ対応フォノイコライザーアンプを搭載。本体サイズは幅290×高さ102×奥行き338mm、重さ6.8kg。価格は12万6000円。


PD-H600


 「PD-H600」は、不要振動や干渉ノイズの低減、安定した電流供給を可能にする電源を採用したCDプレーヤー。CD-R/RW、MP3、WMAファイルの再生に対応、再生ソースやトラックナンバー、再生時間を表示可能なドットマトリックスディスプレイを搭載する。また、専用多機能リモコン付属。サイズは幅290×高さ102×奥行き308mm、重さ5.4kg。価格は12万6000円。