シャープは9月30日、液晶技術「次世代液晶・メガASV」を採用した液晶テレビ「AQUOS(アクオス) X」シリーズに、65V型の「LC-65XS1」と52V型の「LC-52XS1」を10月15日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は「LC-65XS1」が128万円前後、「LC-52XS1」が98万円前後の見込み。

 同社独自の液晶技術「次世代液晶・メガASV」を採用し、圧倒的な高画質と画期的な薄型構造、優れた環境性能を実現した液晶テレビ。その結果、従来では表現できなかった黒を表現するテレビコントラスト100万:1以上の「メガコントラスト」を達成するとともに、色再現範囲をNTSC比150%に拡大、世の中のほとんどの物体色を再現するという。

 ディスプレイ部は最薄部で2.28cm、キャビネットなどに金属素材を採用し、シルバーの上質なデザインに仕上げた。年間消費電力量は、65V型モデルで294kWh/年で、07年モデル比で約26%削減。音質面ではパイオニアと共同開発した薄型スピーカーシステムを搭載、当社独自の1ビットデジタルアンプと音域バランスの良い2.1ch3ウェイ5スピーカーにより、音声を自然でクリアに再生する。

 本体は、チューナー部とディスプレイ部の分離型。基本スペックは、液晶が解像度1920×1080ドット、輝度450cd/m2、TFT(薄膜トランジスタ)アクティブマトリクス駆動方式。接続端子は、ディスプレイ部にHDMI入力1系統1端子、USB端子、DC出力端子、専用スピーカー接続端子を搭載。チューナー部には、HDMI入力3系統3端子、D5映像入力3系統3端子、S2映像入力1系統1端子、ビデオ入力3系統3端子、DVI?I入力端子などを搭載する。