東芝は9月29日、同社初のミニノートPC「NB100」とノートPC「dynabook NX」シリーズの計2機種5モデルを、10月下旬に発売すると発表した。価格は、いずれもオープン。

 「NB100」は、8.9型ワイドWSVGA液晶を搭載し、重さ約1.05kgという軽量コンパクトなミニノートPC。OSはWindows XP Home Edition、CPUはAtom N270(1.60GHz)、1GBメモリ、120GBのHDD、モバイル 945GSE Expressチップセットを搭載する。そのほか、WebカメラやIEEE802.11b/gに対応した無線LAN機能を備える。バッテリー駆動時間は約2.9時間。サイズは幅225×奥行き190.5×高さ29.5-33mm。実勢価格は7万円台半ばの見込み。

 「NX」シリーズは、「スタイリッシュなのにエコ」「ハイエンドなのにエコ」をコンセプトに開発した上位シリーズ。ラインアップは、全モデル12.1型ワイドWXGA液晶を採用し、128GBのSSD搭載した「NX/78GBL」と、160GBのHDDを搭載した「NX/76G」にグラマランスブラック、ノーブルホワイト、ロータスピンクの3モデルを用意し計4モデル。

 メモリドライブとバッテリー駆動時間以外のスペックは同じで、基本スペックは、4モデルともにOSにWindows Vista Home Premiun、CPUにCore 2 Duo 超低電圧版 SU9300(1.20GHz)、2GBメモリ、GS45 Expressチップセット、DVDスーパーマルチドライブを搭載。無線LANはIEEE802.11n ドラフト2.0に準拠。

 本体サイズは、幅約286×奥行き223×高さ29.9mm。重さとバッテリー駆動時間が、「NX/78GBL」が約1.39gで約11.5時間。実勢価格は、実勢価格は30万円前後の見込み。「NX/76G」は約1.45kgで約10.5時間。実勢価格は20万円前後の見込み。