コレガ(加藤彰社長)は、USB接続の無線LANアダプタ「CG-WLUSB300Nシリーズ」を10月上旬に発売する。価格は2730円。

 クライアントとアクセスポイントの2モードを搭載。クライアントモード時は無線LANブロードバンドルータと接続し、インターネットにアクセスできる。アクセスポイントモード時には、PCに接続することで無線LANアクセスポイントとして使用が可能。

 データを分割し、2つのチャンネルを束ねて通信をする方式を採用することで、通信速度を従来の5倍以上になる300Mbpsを実現した。無線LAN規格はIEEE802.11g/bに加え、次世代無線LAN規格のドラフト11nにも対応する。

 世界標準の無線LAN設定方式「Wi-Fi Protected Setup」(WPS)に導入しており、対応機種同士であれば、ワンプッシュで、通信やセキュリティの設定が行なえる。インターネットでユーザー同士がゲームをオンラインで楽しむ「XLink Kai」や、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」、携帯ゲーム機「Nintendo DS」にも対応した。色は、ブラックとホワイトの2色。