松下電器産業は9月24日、フルHD映像による3Dシアターシステム「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を発表した。

 103インチのプラズマテレビと3D映像を記録したブルーレイディスク(BD)、再生用のBDプレーヤーで構成される。プラズマテレビは新開発の「3D駆動システム」を搭載し、左右の目に対応する2系統の映像を、1920×1080ドットのフルHDで表示する。視聴者はテレビと連動するアクティブシャッターメガネを着用することで立体的な映像が見られる。

 同社は9月30日から開催される「シーテック ジャパン2008」で試作機を出展。オリンピックの映像やハリウッドアニメの映像クリップなどを収録した3D映像を、特設スタジオ内で公開する。