ナナオ(実盛祥隆社長)は、低消電力・低コストを実現したカラー液晶ディスプレイ「EIZO FlexScan」シリーズに、24.1型モデル「S2402W」と22.0型モデル「S2202W」を、10月2日から順次発売する。価格はいずれもオープンで、実勢価格は「S2402W」が7万4800円前後、「S2202W」が4万9800円前後の見込み。

 両機種ともに、同等機種と比較して大幅な消費電力削減と本体の低価格化を実現。省電力の割合を一目で把握できる「Eco View Index」機能を搭載し、常に消費電力の度合いを意識できる。モニタを一定時間使用していないときは、待機モードやPower Saveモードに移行して電力を低減するほか、主電源オフ時の消費電力0W(ゼロワット)を実現する。11月から無償配布する、Windows Vista対応のネットワーク用電源管理ソフト「Eco Vies NET」を使えば、複数台の電源や画面の明るさを一括管理し、組織単位での消費電力の削減も可能。

 周囲の明るさに合わせてモニタの明るさを調整する「Auto Eco Vies」機能のほか、「EyeCare Reminder」と「EyeCare Recorder」の2つの機能で作業の休憩を促す独自ソフト「EyeCareユーティリティ」を搭載し、疲れ目や作業効率の低下を抑制。表示画像に応じて、輝度や色温度などの適切な表示モードが選べる「FineContrast」機能や、モニタの位置を微調整可能なスタンドを採用した。

 基本スペックは、24.1型モデル「S2402W」が解像度1920×1200ドット、22型モデル「S2202W」が1680×1050ドットのTNパネルを採用。画面サイズ以外のスペックはほぼ同じで、最大輝度300cd/m2、コントラスト比は1000:1、0.5W×2のスピーカーを内蔵する。著作権保護技術HDCP対応のDVI-D 24ピンとD-Sub 15ピンを各1系統搭載し、デジタル/アナログの2系統入力に対応する。本体サイズは、「S2402W」が幅566×高さ456-538×奥行き208.5mm、重さは10.2kg。「S2202W」は幅507×高さ415×奥行き205mm、重さは6.8kg。