東芝は9月18日、HDD・DVDレコーダー「VARDIA」シリーズの新製品3機種とHDDレコーダー1機種、DVDプレーヤー1機種の計5機種を11月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。


 HDD搭載のDVDレコーダーは、HDD容量1TBモデル「RD-8」と500GBモデル「RD-S503」、320GBモデル「RD/S303」の計3機種をラインアップする。3機種とも、DVD(SD)画質の映像をハイビジョン(HD)画質に迫る高画質で再生する高精細技術「XDE」を搭載したのが特徴。「XDE」は、「シャープ」「カラー」「コントラスト」3つの映像モードを備え、映像のジャンルにあった高画質映像を再現する。

 長時間録画モードに、フルHD放送をフルHD画質のまま最大約7倍の長時間DVDやHDDに記録できる「フルハイビジョン7倍録画」機能を搭載。1TBのHDDなら最大約660時間分の録画ができる。さらに従来のDVDにフルHD画質で記録できる「HD Rec」機能も引き続き搭載した。なお、08年10月開始予定の「スカパー! HD放送」の番組録画やDVDムーブにもアップデートで対応する予定。


 そのほか「RD-8」は、8ビットの映像信号を12ビットに変化する「ディプカラー出力対応」や高性能アナログ出力回路「ハイビジョン4倍オーバーサンプリング」など、フラッグシップモデルならではの高品位スペックを搭載する。本体サイズは、幅431×高さ72×奥行き339mm。実勢価格は14万円前後の見込み。

 ハイエンドモデルの「RD-S503」「RD-S303」は、HDD容量が異なるモデルで、機能やスペックは「RD-8」同じ。本体サイズはともに、幅431×高さ72×奥行き342mm。実勢価格は「RD-S503」が10万円前後、「RD-S303」が8万円前後の見込み。


 「D-H320」は、地上デジタルチューナーを搭載したHDDレコーダー。アナログテレビと接続することで、地上デジタル放送の視聴を可能にする。320GBの内蔵HDDには、最大で約40時間の録画が可能。電子番組表や「かんたん予約」機能などの録画機能も備える。HDMI端子を1系統備え、「レグザリンク」にも対応する。本体はタテ型のコンパクトスタイルを採用し、サイズは幅70×高さ195×奥行き197mm。実勢価格は4万円前後の見込み。

 DVDプレーヤー「SD-XDE1」は、高精細技術「XDE」や、毎秒24コマで制作した映画コンテンツを、1080/60p、1080/24pで出力する機能など、DVD視聴に最適なスペックを備える。本体サイズは、幅430×高さ50×奥行き198mm。実勢価格は1万8000円前後。