シャープは9月17日、液晶テレビ「AQUOS GX5」シリーズの65V型モデル「LC-65GX5」を、10月23日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は68万円前後の見込み。

 「LC-65GX5」は、水平1920×垂直1080画素の65V型フルスペックハイビジョン液晶パネルを搭載。15000:1のテレビコントラストと12ビットBDE階調表示により、奥行き感のある豊かな「なめらか高画質」を実現し、地上デジタル放送やブルーレイディスクなどを迫力ある大画面で楽しめる。画面の下と左右にスピーカーを配置した「ARSSスピーカーシステム」は、豊かな低音とバランスの良いステレオ感を両立した。

 「AQUOSファミリンク」に対応するHDMI入力端子を3系統搭載し、AQUOSブルーレイやAQUOSハイビジョンレコーダー、AQUOSオーディオとも簡単に連携できる。「ホームネットワーク」機能を搭載し、対応機器を家庭内LANに接続すれば、離れた部屋の写真データをリビングのAQUOSで閲覧したり、プリンタを使ってリモコン操作による写真印刷も可能。また、高速赤外線通信「IrSS」に対応。デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真データをテレビに送信して、大画面で閲覧できる。

 AQUOSオーナー用サイト「AQUOS.jp」や、AQUOS専用サービス「Yahoo! JAPAN for AQUOS」、さまざまな情報が入手できるネットサービス「アクトビラ・ベーシック」などに対応し、リモコンやチャンネルボタンを使って簡単にサービスを利用することが可能。このほか、同じ部屋に「AQUOS」が2台ある場合に、リモコン操作が干渉しないようにリモコン番号を設定して操作できるなど、使いやすさを高めたリモコンや、設置場所に応じて音質を最適化する「視聴環境設定」も採用する。