日本ビクターは9月16日、DVDコンポ「EX-AR3」を、10月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は8万4000円前後の見込み。

 振動板の素材に木を使った9cmの「ウッドコーンスピーカー」を採用。チェリーの響棒、竹響板などを追加して、従来機種の「EX-A3」と比べ、スピーカーキャビネットの構造を改善した。同時に、吸音材をチェリーからメイプル材に変え、低音域をより重厚でクリアな音質によって再生できるようにした。

 電源部とアンプ部はシールドすることで相互干渉をなくし、クリアな音質を再現する合計80Wの高出力デジタルアンプ「DEUS」を搭載し、同社独自の高音質化技術「K2テクノロジー」を採用した。

 MP3、WMA、WAV(LPCM)の音楽ファイルの再生、JPEGの画像ファイルの表示が可能で、DVD-R/-RW、CD-R/-RWの再生にも対応する。本体前面にはUSB端子を1基搭載し、CDの楽曲をUSB対応の携帯オーディオなどにMP3で録音できる。

 サイズは、本体が幅246×奥行き283×高さ104mmで、重さが3.8kg。スピーカーユニットは、1本が幅120×奥行き267×高さ161mmで、重さが2kg。