ソニーは9月8日、携帯オーディオ「ウォークマン Sシリーズ」で、豊富なカラーバリエーションを揃える「NW-S630FKシリーズ」、「NW-S630Fシリーズ」、「NW-S730Fシリーズ」3機種を10月11日から順次発売する。価格はいずれもオープン。

 約7.5mmの薄型アルミボディを採用し、豊富なカラーバリエーションが特徴。全機種とも、同社独自の高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載し、最長40時間の長時間再生を実現した。本体のカラーに合わせて、メニュー画面の壁紙とテーマカラーが変更でき、お気に入りの写真を壁紙にするなどのカスタマイズも可能。雰囲気や気分、時間帯に合わせてチャンネルを選択することで、音楽を本機が自動で再生する「おまかせチャンネル機能」をポータブル機として初めて搭載した。

 「NW-S630FK シリーズ」は充電機能付きスピーカーを付属する。8GBタイプの「NW-S638FK」は11月8日発売で、実勢価格は2万2千円前後の見込み。4GBタイプの「NW-S636FK」は10月11日発売で、実勢価格は1万8000円前後の見込み。カラーはピンク、ブルー、ライムグリーン、ホワイトの4色。

 「NW-S630Fシリーズ」は「NW-S630FK シリーズ」と同じカラーバリエーション。発売は10月25日。実勢価格は16GBの「NW-S639F」が2万4000円前後、8GBの「NW-S638F」は1万8000円前後、4GBの「NW-S636F」は1万4000円前後の見込み。

 「NW-S730Fシリーズ」は、付属のヘッドホンを接続し下部のスイッチを切り替えれば、周囲の騒音を約1/4に低減する「ノイズキャンセリング機能」を搭載。発売は10月11日。実勢価格は、16GBの「NW-S739F」が2万7000円前後、8GBの「NW-S738F」は2万1000円前後、4GBの「NW-S736F」は1万7000円前後の見込み。カラーはレッド、ゴールド、ブラック、ピンクの4色。