ソニーは9月2日、防水仕様でFM/AMラジオ対応のワンセグテレビ「XDV-W600」を10月30日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 JIS防水保護等級IPX7/IPX6相当の防水性能をもち、お風呂やキッチンでも水しぶきを気にせずに使えるワンセグテレビ。約1670万色の表示が可能な4.0型液晶を搭載。内蔵充電池のほか、単3乾電池4本で使用できる。内蔵充電池を併用したポータブルワンセグ機器としては最長の、最大約23時間の視聴を実現した。

 従来機「XDV-100」と比較して、約1.8倍以上の高いワンセグ受信感度をもつ。2GBの内蔵メモリには最大約10時間の番組録画ができる。放送時間の変更に自動で対応する「スポーツ延長対応/番組追跡録画」機能を搭載。このほか、FMステレオ/AMラジオを聞くことができる。

 テレビアンテナ端子付き充電スタンドと「立てかけ用」「ぶら下げ用」の両方に使えるアタッチメントを付属する。サイズは幅145×高さ98×奥行き42mmで、重さは約302g。カラーはホワイト、ピンク、ブルーの3色。