キヤノンは8月26日、コンパクトタイプのフォトプリンタ「SELPHY ES30」と「SELPHY ES3」の2機種を、9月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「ES30」が1万8000円前後、「ES3」が2万3000円前後の見込み。

 「うれしい」「たのしい」をコンセプトに開発したコンパクトタイプのフォトプリンタ。デジカメや携帯電話で撮った写真を、PCを介さずにプリントすることができる。用紙とインクの1つになった「イージーフォトパック」を採用し、セッティングに掛かる手間が軽減。3.5型(ES30は3.0型)の大型液晶モニターを搭載し、操作メニューや仕上がりプレビューを確認しながら、安心してプリントできる。

 印刷方式には、粒状感のない仕上がりが特徴の「昇華型プリント方式」を採用。特殊なフィルム処理「オーバーコート」を施しているため、写真の表面に水や汚れが付きにくい。人物の顔を検出し、背景の明るさや色を分析して画像を自動で調整できるほか、赤目の自動補正機能も搭載する。「明るさ」「コントラスト」「シャープネス」「彩度」を、7段階で手動調整できる。

 また、本体には十字ボタンを一体化させた「イージースクロールホイール」を搭載。指で回転させてスムーズにメニューや写真の選択、トリミングなどの操作ができる。6種類のマルチレイアウト、12種類のカレンダーなどのテンプレートを内蔵し、さらに「ES30」は16種類のフレームと10種類のスタンプ、「ES3」は50種類のフレームと30種類のスタンプを用意する。

 上位機の「ES3」には、メモリカードから好みの画像をプリンタに登録していつでもプリントできる「お気に入り画像印刷」と、1度プリントした画像データを記録して何度でもプリントすることが可能な「焼き増し印刷」の2つの印刷モードを搭載。また、赤外線通信にも対応する。

 カードスロットはSD/SDHC/microSDHCメモリカード/CFカードなど16種類に対応。本体サイズは幅226.3×奥行き138×高さ225mmで、重さは「ES30」が2075g、「ES3」が2090g。