ビックカメラは、使用済みの携帯電話とPHSの回収を全店で開始した。同社が取り組む環境保護活動の一環で、業界で初めて社団法人電気通信事業者協会(TCA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が構築したリサイクルネットワークに参加した。

 端末の回収は8月12日から全27店舗で開始した。回収の仕組みはTCAとCIAJの「モバイル・リサイクル・ネットワーク」を利用。同システムは携帯電話やPHS事業者も参加し、キャリアや端末メーカーに関係なく、使用済み携帯電話・PHSの本体、電池、充電器を自主的に回収・リサイクルしている。

 ビックカメラでは使用済み携帯電話・PHS端末の回収・リサイクル活動で、顧客に必要性を説明。端末内の個人情報を確実に消去するため、端末破砕処理も行う。携帯電話・PHSにはパラジウム、金、銀、銅、ニッケル、タンタルなど希少金属(レアメタル)を含む金属資源が含まれており、同社では取り組みを通じで希少金属の再利用にも貢献したい考え。