日立製作所(古川一夫執行役社長)は7月24日、フルハイビジョン(フルHD)の動画撮影に対応するデジタルビデオカメラ「ブルーレイカム Wooo(ウー)」の「DZ-BD10H」を、8月9日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は16万円前後の見込み。

 1/2.7型CMOSセンサーを搭載し、動画は有効467万画素、静止画は有効622万画素の記録が可能。映像処理エンジン「Picture Master Full HD」は、2880×1620画素の情報からオーバーサンプリングして1920×1080画素のフルHD画像を作成するため、解像感が向上するとともにノイズや細部の偽色を低減する。また、センサー感度を従来の約3倍に向上させ、最低被写体照度5ルクスを実現した。レンズには、レンズシフト方式の光学式手ブレ補正機能を備える光学10倍ズームレンズを採用する。

 容量30GBのHDDと8cmブルーレイディスク(BD)/DVDドライブに加え、動画/静止画記録に対応するSDHC/SDメモリカードスロットを搭載。長時間録画が可能になるとともに、カメラ本体だけで映像の編集やHDDやSDメモリカードからBD/DVDへのダビングも可能。動画と静止画、両方の撮影時に人物の顔を識別して露出とフォーカスを自動で補正する「顔ピタ」機能や、フルHD画質の動画から約207万画素の静止画を切り出してSDHC/SDカードに保存できる「フルハイビジョン静止画キャプチャー」機能を備える。動画ファイル形式は、MPEG4 AVC/H.264、MPEG2に対応。

 モニタには21万画素2.7型液晶を搭載。従来機種の「DZ-BD9H」と比較して約20%小型化した本体サイズは、幅79×奥行き140×高さ87mm、バッテリー使用時の重さは約575g。