アドバンテック(劉克振社長)は7月24日、15型液晶を搭載した業務用途向けタッチパネルPC「PPC-S155T」を発表した。BTOに対応し、同社直販サイトで販売する。

 厚さ58.5mmのスリムタイプのタッチパネルPC。壁やデスクトップスタンドなどを使用することで、自由な位置が設置可能。CPUやHDD、メモリなどパーツ交換の際は、背面カバーを取り外すだけで簡単に作業できる。フロントには1Wスピーカーを2基搭載し、LANポートは1000BASE-Tのギガビットイーサネットに対応する。コンパクトフラッシュカードのスロットを備え、組み込みOSの起動も可能。

 CPUはインテルのCeleron M(1.5GHz)、Pentium M(2GHz)の2つから選択。サイズは幅375×奥行き58.5×高さ299mmで、重さは4.9g。OSにWindows XP Professionalをプリインストールし、512MBのDDR2メモリ、80GBのシリアルATA HDDを搭載した場合の価格は、Celeron M(1.5GHz)を選択すると23万2050円、Pentium M(2GHz)を選択すると26万3550円。