アドバンテック(劉克振社長)は7月24日、17型タッチパネル液晶を搭載するタッチパネルPC「PPC-175T」を発売した。BTOに対応し、直販サイトでの価格は26万8800円から。

 タッチパネルとPC機能を一体化させた業務用途向けのタッチパネルPC。工場での生産ライン工程管理端末や流通業での入力端末、公共スペースでの情報提供端末としての利用が期待される。CPUをインテルのCeleron M(1.5GHz)、またはPentium M(1.8GHz)から選択でき、最大で2GBのDDR-DIMMメモリの搭載が可能。コンパクトフラッシュカードスロットを備え、カードからのOS起動に対応する。フロントパネルに輝度センサを搭載し、周囲の環境に合わせた液晶の明るさを自動で調整する。また、LCD液晶とアナログRGB出力による、2画面同時出力も可能だ。

 10/100/1000BASE-Tに対応するLANポート2基を標準搭載し、左右側面にステレオスピーカを搭載する。サイズは幅442×奥行き99.5×高さ362mm。OSにWindows XP Professionalをプリインストール、512MBのメモリ、40GBのHDDを搭載した場合の価格は、Celeron M(1.5GHz)で26万8800円、Pentium M(1.8GHz)で29万1900円。