シマンテック(加賀山進社長)は7月18日、システムリソースに軽く、強力な保護機能を提供する「ノートン・インターネットセキュリティ2009」と「ノートン・アンチウイルス2009」の日本語パブリックベータ版を公開した。同社サイト「ベータセンター」にて、9月24日まで無料ダウンロード提供を行う。

 「ノートン2009」は、業界で初めて、性能にまったく影響を与えない「ゼロインパクト」を目標として設計。スキャンに必要なファイル数を減らす革新的な技術「ノートンインサイト」を採用し、スキャニングエンジンからユーザーインターフェイスまで、300か所以上の改良を行った。

 コンピュータの上級者やゲームユーザー向けの機能も強化。サイレントモードを搭載し、アラートや更新通知を自動的に保留することで、ゲームや映画を中断したりスピードを落としたりすることがなくなった。また、ユーザーインターフェイスを簡素化したことで、簡単に詳細な設定までのアクセスや検出結果の状況を追跡できるようになった。

 多層型の保護システムが協調して脅威の影響が出る前に食い止める「ノートンプロテクションシステム」では、ウェブベースの攻撃に対応する「ブラウザ保護」機能、リアルタイムの「SONAR保護」機能のほか、侵入防止システム(IPS)、アンチルートキット、アンチウイルス、アンチスパイウェア技術を採用。

 「ノートン・インターネットセキュリティ2009」では、「ノートン ID セーフ」機能を搭載し、オンラインでのショッピングやバンキング、ブラウザ使用、オンラインゲームの際に、ユーザーの個人(ID)情報を今まで以上に安全に保護。ホームネットワーク上のディバイスの管理やチェックが簡単に行える機能や、ボット対策機能も備える。

 なお、ベータ版では、保護機能の更新では業界最速の1分間インストールや、一般的なセキュリティソフトと比べて半分未満のメモリ使用率など、パフォーマンスに与える影響を軽減した。