ソニー、松下電器産業、キャノン、日立製作所など15社は7月17日、ソニーが開発した近接無線転送技術「TransferJet」(トランスファージェット)の相互接続仕様を確立するコンソーシアムの設立で合意したと発表した。

 「TransferJet」は、通信距離が3cmの近接無線技術。対応の無線通信回路を搭載した携帯電話やデジタルカメラ、デジタルビデオカメラなどの機器同士をかざすようにすることで、保存しているデータなどを機器同士で瞬時転送することができる。通信速度は最大560Mbps(メガビット/秒)で、周波数は4.48GHz帯を使用する。

 今回のコンソーシアムでは、「TransferJet」搭載機器が、相互接続性を確保するための規格やガイドラインを策定。ライセンスの仕組みの確立やロゴマークの運営管理なども行う。同時に、TransferJetの利点を業界やユーザーに知らせる活動も展開する。

 コンソーシアムに参加するのは、ソニー、松下電器産業、日立製作所、東芝、日本ビクター、パイオニア、ケンウッド、キヤノン、ニコン、オリンパスイメージング、セイコーエプソン、KDDI、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、米イーストマン・コダック、韓国のサムスン電子。