サイバーリンク(尾藤伸一代表取締役)は7月15日、ビデオ編集とDVDオーサリングの総合ソフト「PowerDirector7 パッケージ版」の発売を記念した「発売記念特別優待版」を、8月8日に発売すると発表した。これに伴い、8月1日の予定だったパッケージ版の発売日を8月8日に変更する。

 「発売記念特別優待版」は、旧バージョンやOEM版からのアップグレードユーザーや、他社製品からの乗り換えユーザーが、お得に購入できるようにしたモデルで、3万本限定で販売する。

 「PowerDirector7」シリーズは、AVCHDやブルーレイカメラなど最新のHDカメラからの取り込みにも対応したビデオ編集ソフト。付属のオーサリング機能を使えば、DVDやブルーレイ、AVCHDディスクの作成が可能。PiP(ピクチャーインピクチャー)ビデオトラックが最大6個まで使用可能なほか、「ビート検索」機能を搭載し、BGMのリズムに連動したフォトムービー(スライドショー)を簡単に作成することができる。

 写真なら「Flickr」、音楽なら「Freesound」にダイレクトにアクセスし、さまざまな素材を入手することが可能。また、新しいオンラインコミュニティ「DirectorZone」を設置し、テンプレートや新しい演出効果、アイデアなどをオンラインで共有できる。なお、パッケージ版には、ビデオ編集が簡単にマスターできる「使い方DVD」を同梱する。対応OSはWindows Vista、XP。「PowerDirector7 Ultra 発売記念特別優待版」のパッケージ価格は、1万290円。