KDDI研究所(秋葉重幸所長)は7月14日、IPネットワークによる番組配信が可能な「ワンセグエリア放送送信システム」を開発したと発表した。

 特定のエリアに限定したワンセグ視聴を可能にするワンセグエリア配信を実現。ローカルでのファイル再生を中心とした従来のワンセグエリア放送方式に対し、生放送番組の配信や全国規模で展開する店舗などへの同報配信など、ネットワークを介することによる新しい形態でのワンセグエリア放送サービスの展開が期待できる。

 ワンセグエリア配信は、ワンセグコンテンツをIPネットワーク経由で配信し、遠隔地において地上デジタル放送規格に準拠したワンセグ信号へリアルタイムに変換する「ワンセグIP/RF変換技術」を開発したことで実現。コンテンツをリアルタイムでワンセグ信号に変換できるため、配信サーバーで番組の一元管理や差し替えが容易に行えるほか、IPマルチキャスト技術を用いることで、複数のエリアへ同時配信することもできる。

 IPネットワークによる配信を考慮した暗号化機能と誤り訂正(FEC)機能により、1チャンネルあたり500kbit/s以下の小さな伝送帯域で、高い秘話性と伝送品質を保つ。また、ワンセグ送信機には、IPネットワークで発生するパケット到着間隔揺らぎを吸収する機能や、周波数同期回路を実装しており、高品質のワンセグ信号を送信することで、受信端末での安定した視聴が可能だ。また、技術的には地下街等の電波不感地帯への地上波ワンセグ放送の再送信にも適用することができる。