ワコム(山田正彦社長)は7月8日、法人向け液晶ペンタブレットのラインアップを強化し、19型液晶ディスプレイを搭載した「DTU-1931」を8月20日に発売すると発表した。価格はオープン。

 SXGA(1280×1024ドット)対応1677万色フルカラー表示の19型TFT液晶ディスプレイを搭載したペンタブレット。視野角は最高クラスの水平・垂直178度、輝度270cd/m2、高コントラスト比1300:1、応答速度は20ms。18?73度のチルトに対応する。ディスプレイ表面の光の反射を抑えるアンチグレア仕上げや、書きやすいフラットサーフェスも採用した。タブレット機能は読取可能範囲が376.32×301.056mm、読取分解能が最高0.05mm、読取精度が±0.5mm、読取可能高さが5mm、筆圧レベルが512。

 読取速度の速い独自の電磁誘導方式コードレス&電池レスペンで、スピーディでフレキシブルな作業が可能。筆圧・消しゴム機能も搭載する。2つのサイドスイッチを備えポインティングやクリック、ドラッグも快適に行える。素材には衛生的な耐アルコール性樹脂を採用した。

 USBやDVI-I出力端子を装備し、ディスプレイやプロジェクターとの接続も可能。電源はACアダプタ。付属のスタンドにより23段階の角度調整が可能。本体サイズは幅452×奥行き398×高さ55.5mm、重さは約7kg。対応OSはWindows Vista/XPと、Mac OS X 10.3.9以降。

 「DTU-1931」は、医療機関や教育機関、コールセンター、会議システムなどの分野を対象とした製品。より多くの情報を表示したり、大勢で同時に画面を見たいといった市場ニーズが高まっていることから、従来の15型、17型に加え、大型で広い視野角を持つ19型を追加した。

 なお、同社では、これまでOEM市場向けに提供していた17型モデル「DTF-720」を、8月20日から法人向けにも販売する。「DTF-720」はアナログRGB出力端子を搭載し、コンパクトな設計で角度調節も自在にできる。価格はオープン。