三洋電機コンシューマエレクトロニクスは7月3日、SSDポータブルナビゲーション「GORILLA(ゴリラ)」のラインアップを強化し、豊富な検索データと5.8V型液晶画面を搭載した新モデル「NV-SD585DT」を7月18日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

 「NV-SD585DT」は、地図データに使用する記録媒体に4GBのSSDを採用。住所地番検索数約3400万件に加え、電話番号検索約4000万件、ジャンル検索約450万件を収録。3D交差点や3D都市高速入口、方面看板表示にも対応するなど、地図情報を大幅に拡充した。

 高速処理が行える「GORILLAエンジン」を搭載することで、ナビゲーション地図を表示しながら、音楽やワンセグ放送の音声が聞ける同時動作を実現。ナビ画面からの切換えがワンタッチで行えるほか、検索・タッチ画面操作の反応速度も向上。地図データに記録されている芝生や区画の色や質感も鮮やかに再現するほか、左右2画面の地図表示、走行ルートを上空視線から表示する「ゴリラビュー」も実現した。

 このほか、エコ運転をアシストする「エコドライブ情報」、大阪地区の「盗難多発地点警告」、「トンネル内での自車位置表示」などのナビゲーション機能を搭載。1週間10番組の予約録画もできるワンセグチューナーや、FM多重VICS、FMトランスミッターを内蔵。MP3・WMAの音楽再生やJPEG静止画再生、ワンセグデータ放送受信にも対応する。サイズは幅157×高さ98.5×奥行き30mm、重さは約439g。