ニコン(苅谷道郎社長)は7月1日、一眼レフカメラ用レンズ「PC-E Micro NIKKOR」シリーズの「45mm F2.8D ED」「85mm F2.8D」と、スピードライト「SB-900」を、7月18日より順次発売すると発表した。

 「PC-E Micro NIKKOR」シリーズは、デジタル/フィルム一眼レフカメラに対応。撮像面に対してレンズを平行に移動させる「シフト」と、レンズの光軸と撮像面の直交関係を変える「ティルト」を搭載。2つを併用して、遠近感やピント位置の調整と、被写体のゆがみの修整を行い、プロユーザーに必要な「アオリ撮影」を可能にした。逆光での撮影時に起こりやすい、ゴーストやフレアの発生を抑えられるレンズコーティング「ナノクリスタルコート」を採用する。

 レンズを左右90度に回転できるレボルビング機構を搭載。美しいボケ味が得られる9枚羽根の円形絞りを採用し、撮影倍率0.5倍の近接撮影にも対応する。「45mm F2.8D ED」は標準系、「85mm F2.8D」は中望遠系の画角を備え、価格はともに31万5000円。「45mm F2.8D ED」は、高解像度撮影が可能な「EDレンズ」を使用する。

 一方、「SB-900」は最大ガイドナンバー48の性能を持つ大光量のスピードライト。レンズの焦点距離に連動してライトの照射角を合わせる「オートパワーズーム」機能や、カメラの撮像範囲によって配光画角を変える「FX/DX切り替え」機能を搭載する。目的に合わせて3つの配光タイプから、手動で切り替えることもできる。最新ファームウエアをウェブサイトでダウンロードし、カメラからアップデートも可能。価格は6万8250円。